婚姻要件具備証明書

更新日時:2020年6月21日

行政書士 佐久間毅

婚姻要件具備証明書

■ひとこと解説

>>  婚姻要件具備証明書とは、結婚当事者が自分の国籍国の法律に照らして結婚することができる状況にあることについて、

その国の権限ある官憲が証明した書面のことをいいます。

>>  独身証明書と混同されることがありますが、厳密にいうと完全に同一のものではありません。

独身であるか否かは婚姻要件のひとつであって、全部ではないからです。

■くわしく解説

婚姻要件具備証明書とは、結婚当事者が自国の法律にてらして結婚することができる状況にあることを、その国の権限のある官憲が証明する書面のことを言います。

 

日本の国際結婚のしかたを定めている「法の適用に関する通則法」の24条は、「婚姻の成立は、各当事者につき、その本国法による。」としていますので、結婚ができる条件(婚姻要件)は、各人が自分の国籍国の法律の規定に従うことになります。

 

婚姻要件とはたとえば、婚姻可能な年齢、結婚への父母の同意、待婚期間などです。

 

各国の婚姻要件がどのようなものであるかは日本でもおおよそ知られていますが、各国の法改正の状況をリアルタイムでウォッチしているわけではないので、その情報は常に過去のものです。

また仮に法改正がなされていなくても、結婚当事者がその要件を満たしているのかどうかは日本政府はわかりません。

 

そこで、自国政府に「婚姻要件具備証明書」を発行してもらい、自分が自国の法律に照らして婚姻要件を満たしている(=具備している)ことを証明します。

 

日本で先に結婚手続きを行なう場合は、日本の市区町村役場に、外国人の方が「婚姻要件具備証明書」を提出します。

いっぽう海外で先に結婚手続きを行なう場合には、外国の官憲に、日本人が「婚姻要件具備証明書」を提出します。ただし海外で先に結婚する場合には、その国の法律によって、婚姻要件具備証明書が必要でない国(宣誓供述のみで足りるなど)もあります。

 

 

〇よく読まれている関連記事

 

日本先行の国際結婚手続で取得する「婚姻要件具備証明書」

海外先行の国際結婚手続で取得する「婚姻要件具備証明書」

 

 

両国での結婚成立後に配偶者ビザを申請する必要があるかたは、重箱の隅をつつかれても耐えられる書面を作成していく必要がありますから、みんビザがお勧めする行政書士に相談しましょう。

アメリカや欧州の方には移民法弁護士(immigration lawyer)といって、ビザの取得を弁護士に依頼することはごく当たり前の行為として定着しているのですが、アジア諸国などではまだ自力で徒手空拳でビザ申請をやりがちですから、日本人の方がきちんとフォローしてあげましょう。日本ではビザ申請は弁護士ではなく行政書士の仕事となっています。>>こちら

 

■この記事を書いた人

行政書士 佐久間毅(さくま・たけし)

東京都出身。慶應義塾志木高等学校慶應義塾大学法学部卒。高校在学中に米国コロラド州のイートンでホームステイ。大学在学中は、他大学である上智大学の国際法の権威、故・山本草二教授の授業に通い詰める。大学卒業後は民間の金融機関で8年間を過ごし、現在は東京・六本木でビザ専門のアルファサポート・行政書士事務所を開業。専門は入管法、国籍法。


よく読まれている記事


配偶者ビザの必要書類

>> 配偶者ビザが不許可になる確率の高い15のケース [クリック!]

 

配偶者ビザへの変更、海外から呼び寄せる場合の両方に共通の、配偶者ビザが不許可になる確率が高い典型的な15のケースについて解説しています。



配偶者ビザの必要書類

>> 配偶者ビザの必要書類について

 

国際結婚が完了したら次に日本の配偶者ビザの検討を始めるかたもいらっしゃいますが、外国人の本国でしか取得することができない書類は、事前になるべくまとめて集めると手間が省けます。この記事では、お相手の外国人が日本に住むときに必要となる配偶者ビザの申請に必要な書類を解説しています!

 



配偶者ビザの必要書類

>> 配偶者ビザへの変更申請時に発覚する様々な入管法違反の事実

 

配偶者ビザが許可されるためには「素行の善良性」(日本の法律を守って暮らしていること)が必要ですが、変更申請時にさまざまな入管法違反の事実が発覚することがあります。その類型について徹底解説しています。